人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Craftsmanship of Bangladesh

Mr. Islam is a leatherware craftman. He started his career as a craftman and now he is a CEO of his own company. He employs about 40 people in the heart of Dhaka. His craftsmenship has been polished day by day, month by month and year by year. When we started with him, he was a nice craftman but the design of his own products needed a little more refinement. While he was deligently producing products based on the forein markets, he has caught something real to meet up the developed country's demand. The improvement is quite clear.
The last time we visited him to order small number of products, it was Ramadan time and situations for working could not be worth. He sincerely studied our demands and collected the materials, and finally we received them, to our enjoyment. They are very beautiful. They are combined design of jute and cow leather. I cannot wait to show them to my patrons.

# by sakura_mohila | 2011-12-16 18:22 | ENGLISH | Comments(0)  

ジュートのバッグ

8月のラマダンの最中に注文してきたジュートのバッグが、やっと今日配達になりました。
あまりにも日数がかかったので、実はデザインなどの詳細も忘れてうたのですが、届いてみたら思い出しました。とても良いものです。サクラモヒラが生産を依頼するイスラムさんは小さな注文数でも決していやな顔をせず、丁寧に作ってくれます。問題は、材料をやりくりすることのようです。しかし、年数を重ねるうちに、イスラムさんのかばんは洗練されてとてもよくなりました。
自社ブランドを向上させようと誠実に対応してくださることが、はっきりわかるので、バングラデシュ人とか日本人とかではなく、ほんとに大好きな職人さんです。
ジュートは今、エコブームに乗って、次の収穫の時までは、手に入りにくい素材のために、ほんとに時間がかかってしまいましたが、8月から届いた、ペンケース、ポーチ、牛革とコンビネイションのバッグ2種、どれも嬉しく受け取りました。

# by sakura_mohila | 2011-12-16 18:05 | Comments(0)  

What your hands can convey

I have a very important friends, Mr and Mrs Magami. They have a Bangladesh handwork shop in Bangladesh and Japan. They have been working for the welfare of Bangladesh for more than 30 years since they were still singles in their twenties.
Mr Magami visited me in my office, because we had a mountain of things to talk about. He offered his visiting present, which was a paper box of dried plums. The white box was not special, maybe from some shop cakes. He used the box and put around a green ribon which also seemed to be from some shop cake. I unribboned and opened the box, to find a bed of naturally dried plums wrapped in a bamboo dried sheath. Bamboo sheath used to be a great wrapper in Japan for the protection from rottening. The dried plums looked warmly beautiful and I as well as the two men who were together with me in the office, found crying in surprise. Touching it was!
Mr & Mrs Magami have been producing natural dye embroidery product based on the traditional Bangladeshi handwork. They also lead the local people to cultivate and produce organic cotton in their field. Soy beans activate the soil and cotton grows rich after the soy beans. The beans can be used to nurish the people, providing good vegetable protine.
I respect their work and how they think and live every minute. In Sakura Mohila's sales exhibition beginning from December 19, in Omiya, you can see the artistic hand work from them. Those who are interested, please mail or access to the page of "展示販売会’

# by sakura_mohila | 2011-12-15 12:39 | ENGLISH | Comments(0)  

梅干しと手仕事

昨日、ロシュンの慎二さんがおいでくださいました。海外青年協力隊として、その後そのままバングラデシュにプロジェクトを持っておられる方です。
おみやげは、梅干しでした。奥様の実家の手作りです。竹の皮に包んで、自然に色がついた赤い梅の実がならんでいて、思わず声をあげてしまいました。そばにいた二人の男性も声をあげました。それくらい、梅干の様相が、美しく人の心に訴えるものだったのです。味も自然なおいしさで、高血圧が心配になってしまうくらいたくさん食べられそうです。
ロシュンのバングラデシュでの仕事はもう30年以上になります。伝統の手仕事をさらによくする指導をしていらして、草木染めの芸術的なノクシカンタを生産しておられます。そのかたわらで、畑に、大豆の後に綿を栽培して、質のよいオーガニック綿を収穫しておられます。そのカディ綿を見せていただきましたが、つやがあってほんとに美しい綿でした。
慎二さんといろいろなお話をしましたけれど、その中でもここに書いておきたいのは、バングラデシュに芸術的な手仕事が消えてしまった、という私たちの嘆きです。この私でさえ、14年前には、心を動かされる手仕事の製品がありました。今はそのような手仕事を探し、残そうと動き始めています。
次の販売会の品物には。ロシュンのノクシカンタを含めます。ロシュンのご夫妻の誠実さを尊敬します。

# by sakura_mohila | 2011-12-15 12:04 | Comments(0)  

12月14日

12月がもう14日を過ぎようとしています。ほんとに早い、早い時間の経過です。朝、公園の中を歩いてくると、冬の朝日が、樹木を照らしてとてもきれいです。現実を忘れてしまいそうなほど、金色に輝いて、幸福になります。毎日を時間に追われて過ごしていると、こんなに早く時が過ぎてしまい、皆いちように、「もう12月半ば!」などと言っています。
ふと気がついたのですが、毎日の生活は時間が知らないうちに過ぎてしまうのに、たとえば、寒さの中で春の梅の花を見たい時など、早く、早く、と待つのに、結構長い時を待たねばならないような気がします。

時間が早くなったり、遅くなったり・・・これって、きっと江戸時代、室町時代、鎌倉時代、平安時代のそれぞれの時代に生きた人たちもきっと同じだったことでしょう。
デジタルの時代に生きる人たちはどうなのでしょうか?

# by sakura_mohila | 2011-12-14 18:36 | Comments(0)