人気ブログランキング |

国立の販売会のお知らせ

明日から国立のブランコ通り、ギャラリーキタガワで、初めての販売会が始まります。


2日から始まるゼフィールでは、7日(2時から4時・¥2000)にいつものように、コンサートがあります。ソプラノの萩原さん、小川さん、テノールの藤沼先生が中心になって、美しい歌を美しく唄うという活動をなさっています。そぼくだけれど、ほんとにきれいで、自然な歌で、やはり意識的に残さないと、なくなってしまいそうな歌です。七夕コンサート、お時間を作って是非お出かけください。

なんだかんだと、日々の生活に忙しぶっていたら、もうすぐ7月を迎える頃になってしまいました。5月も6月も駆け足で過ぎて行ったように感じて、いまさら、一番よい季節をどうやって過ごしたのだろうと、残念がっているありさまです。

# by sakura_mohila | 2012-06-26 18:49 | Comments(0)  

ブロックプリントの話

サクラモヒラの製品には、ブロックプリントのものがたくさんあります。
季節ごとに、布を作ってもらい、そこから製品を作るのですが、オリジナルのプリントであると同時に、バングラデシュの版木のおもしろさも加わって、なかなか味わいの深い布ができあがります。

今年の夏用の版木は、アッシュグレイに青の大きな花柄と、黄色系の色に、小さな星や木の葉や花をちりばめたプリントです。ワンピースが人気があり、できたものから売れてゆくというありがたさです。

秋になり始めたら、シルクのワンピースができてきます。手織り綿のワンピースも、夏にはお薦めです。
スカートの部分は裏地がつきますが、これはシルクというぜいたくさです。夏に快適な素材になっています。

まもなく、サクラモヒラのオリジナルの版木もできあがります。これはちょっと楽しみにしながら、いろいろな製品を作りたいと考えています。

# by sakura_mohila | 2012-06-25 19:23 | Comments(0)  

一枚のジャケット

10年以上も前のことです。ある雑誌を開いたら、ガブリエル・シャネルが写っていました。一枚の白い絹のジャケットを着て、黒っぽい大きなスカートをはき、強い視線を前方に向けていました。ちょうどその時、バングラデシュでビジネスを始めて、ナラヤンプール村の小学校の資金作りをしてほしい、と懇願されていた時だったので、そのジャケットが強く印象に残りました。そして、絹のジャケットをサクラモヒラ用にデザインしたのです。
今でもその定番のジャケットは、人気商品として、絹やカディ綿で、毎年作られています。

あの時から長い年月が、早いスピードで過ぎて行って、時の長さを正しく測れないほどですけれど、サクラモヒラの製品はずいぶん豊かになりました。この定番のジャケットを気に入ったように作ってもらうまでに、さまざまなすったもんだをやり過ごして、10年以上の歳月を要しました。今でも、新しい縫い子さんが加わるたびに、少しずつの失敗がでてきます。なんど、あきらめかけたのだろう、と思い出すこともありますけれど、なんとか続いてしまいました。

サクラモヒラの製品を売っていてくださった方からお話をいただき、国立のブランコ通り「キタガワ・ギャラリー」で、6月28日から販売会をすることになりました。7月1日までです。

7月2日からは、オフィスの近く、ゼフィールで、販売会が始まります。こちらは地元の行事です。期間中、同じ場所で、バングラデシュ人のウザールさんとモウさんが、日替わりで、ランチを提供します。お持ち帰りもありますが、彼らは、せっかくのバングラデシュ料理をテーブルで食べていただきたい、とおしゃれなゼフィールをランチ・レストランに選びました。

サクラモヒラの今回の目玉は、カディ綿とカディ綿の服、ナラヤンプール村の女性たちが手刺繍で作ったカディのマットなどです。暑い夏は会津木綿はお休みします。

車椅子の画家、坂田かずみさんのことを前のブログでお話しましたが、かれのひまわりの絵をT-シャツにしました。ひまわりが話すようにかいてあります。「Look at me! I'm smiling to you」(私を見て!あなたに微笑みかけているのよ)
S, M, L, LLの4種のサイズを白い半そでTシャツでご用意しました。間に合いませんでしたので、サンプルを参考に注文販売となります(¥2500)。視聴覚障害者の施設、春里どんぐりの家から新聞紙を使ったおしゃれな袋ができています。それに入れて、リボンをかけてプレゼントにもできます。
利益は全額、車椅子、障害者施設のために使われます。
メッセージのあるTシャツ、夏に着ませんか?ゼフィールにサンプルをご用意します。

また、冬に凍える人たちに向けて、ブランケットプロジェクトも続行いたします。30分ほどお時間にゆとりを持ってきていただき、モチーフを編んでくださるようにお願いします。
毛糸は準備しますが、もし余分な糸をお持ちでしたら、お持ちいただけると助かります。こちらは、クロバー網針(株)様よりご協力をいただいています。

# by sakura_mohila | 2012-06-23 16:46 | Comments(0)  

Summer Products Sales

Sakura Mohila will open a sales exhibition in a suberban area of Omiya. The area is filled with the smell of chesnut blossoms, which cover wide range of the area now.

The place is artistic. The owner succeeded the estate and wanted to preserve the nature and the history. He realized it by managing a cafe and a gallery in the estate.

You will see the art of nature and the good old days of Saitama there. Gardens are well-preserved and birds are enjoying playing there.

# by sakura_mohila | 2012-06-14 18:51 | Comments(0)  

車椅子の画家

脳梗塞で、車椅子の生活をしておられる坂田さんという方の展示会に行きました。ひまわりの絵がとても力があって、すばらしかったので、それをTシャツにしていただくことにしました。
デザインは2種類、白です。サイズはS、M、Lです。ひまわりに言葉をつけました。"Look at me! I'm smiling to you."
ほどなくサンプルができあがってきます。注文を取って、坂田和美さんの販売にしたいと思います。
サクラモヒラの販売会でも、ご注文をいただけるようにします。

# by sakura_mohila | 2012-06-11 19:09 | Comments(0)  

村の仕事

村の縫製プロジェクトのジャハナラさんとカジョルカさんが、またダッカの仕事場にトレイニングにやってきました。2泊3日の行程です。いつものように、村に住む奨学生のアムジャドが世話係です。
彼女たちの仕事は、とてもおもしろい製品になりました。カディと刺子のマットとコースターです。
f0202221_18511565.jpg
f0202221_1852024.jpg

# by sakura_mohila | 2012-06-06 18:52 | Comments(0)  

夏はきぬ

明日から6月3日まではバングラデシュのダッカで過ごします。
電話によると、とても暑いそうです。「バングラはとても暑いけど大丈夫」と聞かれたのが昨日だけれど、いまさら聞かれても、もはや、行くしかない。一度、3年前には5月の末に行き、初めて自分のマンゴウの木に実った実をたべました。感動して、味はわからなかったけれど、おいしかったなあ!毎年100羽状実るマンゴウの実、だれが食べるのだろう。小鳥かな?????

今回は村の女性たちは編み物のトレイニングです。編み物は、ダッカの奥様たちにも指導したいと考えています。さて、・・・報告をお楽しみに!

今回は、ほとんどの日を、自炊で過ごします。

今朝、ゼフィールで開催されている、北川バラ園の展示会に行ってきました。露地バラは、ほんとに大好き!
一見の価値ありのバラの販売会です。お手頃なお値段の設定なので、是非お出かけください。

# by sakura_mohila | 2012-05-26 18:14 | Comments(0)  

やっと届いた夏物

今日、やっと夏物がダッカから到着しました。やれやれ!
バラ農園の北川さんが、ゼフィールでするバラの販売会の案内はがきを持ってきてくださいました。
26、27日です。電話:048-649-1551 農園の番号:048-775-7092

奥様のスイーツと共同の販売会です。ばらはお求めやすい価格に設定。お楽しみに!
露地バラはほんとにきれいですよ!

# by sakura_mohila | 2012-05-15 18:16 | Comments(0)  

The flower season

when I open the window in the morning, I find a sea of flowers this spring. Rhododendrons, clematises, roses, ravenders and so on. Especially this spring the flowers prosperously bloom. I cannot think of other bliss of life!

I've neglected to attend the garden these years, but as far as I remember, this year's spring garden is the best in my garden history.

Thank you for this beautiful gift!

# by sakura_mohila | 2012-05-14 17:39 | ENGLISH | Comments(0)  

庭の花

今年の春は、ことのほか花が大きくきれいに咲いて、朝、雨戸をあけると広がる花園に、心を躍らせています。花だ咲くだけで、こんなに幸せだなんて、なんて安上がりなのだろうと考えながら、それでも、庭に広がる花を見るのは至福の時です、とりわけ、ロウドデンドロンの赤とピンクがたくさん花をつけて、喜びの日々でした。でも、もう花はおわりです。ばらが、もう終わったものとこれからのものがあって、これからは、ばらとラヴェンダーなどが庭の主役です。

それにつけても、庭の手入れなどなにもしていなかったことを深く反省しています。でも手入れをしていた時よりも見事にハイライトを迎えています。

# by sakura_mohila | 2012-05-14 17:32 | Comments(0)