人気ブログランキング |

Barbers and hairdressers in Bangladesh

Taking a tour to my village, I go through a few market places on the way. The market places themselves are interesting places for foreigners, but if you find a barber, you find yourself crying with excitement, "Ah, Barber!" It is especially like something from a theater or from a history. The place is small, maybe between a vegitable stall and a sweet stall, or somewhere you most likely miss finding. The dent corner is consisted of plaine white tiles and a chair. That's all. Or the plainer is that the barber spread out a plastic mat and put a chair. The barber, even in the first class place in Dhaka, cuts unnaturally clearly, as a result, the "barber-fresh" man looks like wearing a wig for a play from the 17th century. On the crowded place, if you see loud terra cotta color hair or mastarsh, they have it colored by hannna, very unnaturally. The pleasure for them is a gift of hair colors made in Japan! Among the list of the bringing-in items from Japan is the hair color and shampoo!

Beauty salons for women are here and there along the streets in Dhaka. Bangladeshi ladies keep long hair and there is no permanent in their fashin and hair skills. Most of the ladies keep long black hair and many of the young have it cut shoulder-length. They go to the beauty salons for dressing-up for weddings.

I have a Bangladeshi friend who is a herbal doctor. She has a tea company and sells herb tea. Once she took off her scharf to show her hair, to prove how her tea is good for beauty. The long lusty hair fell onto her low back when she took off the scarf and I understood how good her tea was. It was really beautiful. She also loves singing and playing and making poems.

# by sakura_mohila | 2011-12-28 15:21 | ENGLISH | Comments(0)  

美容室

今日は美容室に行ってきましたので、私が見た範囲のバングラデシュの美容室模様を・・・
男性たちは、床屋さんに行きます。髪はもみあげを芝居のかつらのようにきっちりと切ります。床屋さんもいろいろあって、きれいなサロンから、屋根がついた吹き抜けの場所、ただ敷物をしいて椅子をおいただけの場所などです。ナラヤンプール村に行く途中、いくつかの村のマーケットプレイスを通りぬけますが、床屋さんが結構興味深い、風景です。男性たちは、白髪を染めている例も多くあります。染料がまだそれほど良質ではないので、すぐに分かります。こちらも、へなで染めたな、と考えなくてもわかるくらい芝居のように不自然にテラコッタ色になっています。最近、知った驚きの事実なのですが、お土産で喜ばれるのは、日本製の髪染です。日本に親戚のいる人はひそかに、この染料を頼み買いしているのです。

女性たちは、美容サロンが結構あちこちにあります。パーマをかけた人はまだ見たことがありません。ほとんどは、髪を切ったり、結婚式用に整えてもらったりしています。もちろん、女性たちも日本製のシャンプーをギフトにもらえば、嬉しくてしかたがありません。シャンプーに限らず、「日本製」とつくだけでどんなお土産も喜ばれますけれど・・・
私の髪はふわふわとカールしているので、大のエリート男性が、髪を直接さわりにきます。バングラデシュの女性にそのような大胆不敵な行為をするとも思えないですけれど・・・
村の女性たちは真っ黒な髪をほぼ伸ばしっぱなし。へたなケミカルは使っておらず、自然のまま伸ばしているので、髪はつやつやとして真っ黒か、白髪か早めにぬけて薄くなってしまうかのどちらかです。村では、白髪がきれいになるまで長寿の人はそうそういないので、総白髪は稀有です。

知り合いのモモタスさんは、ハーブのドクターで、自らハーブで健康茶などを作り、販売もしていらっしゃる方ですが、ある時、彼女がいかに健康であるかを示すために、いつもかぶっているスカーフをとってくれました。なんとはらりと落ちた腰まである黒髪は、特筆に値するつややかな美しさでした。彼女は、ハーモニアムを演奏し、詩作もする芸術家でもあります。

# by sakura_mohila | 2011-12-28 14:50 | Comments(0)  

The reborn sun light

The colder it gets, the more brillient the sun light gets. I adore this crystal world when it is the coldest, even though my body function does not enjoy the coldness.
The park pond on my way to the work is 1-cm-iced these days and winter birds spend their idle time on it.

In the shrine premise on the way, craftesmen are busy themselves for the New Year's crowds of worshippers. How they work is beautiful with their smart movement, through which I imagine the old "Edo" period craftemen. Craftemen's movement looks really agreeable in terms of producing something, even though it is the coldest season: they never shrink their bodies.

Once several years ago I visited a botanical garden in Dhaka, in January when it is the coldest. The local people wear a sweater.
The rose garden in it looked in the mist and tens of the gardeners were taking care of the garden and rose plants. Their moving tempo was very different from the ones of the Japanese. The scene with the gardeners in the rose garden seemed to come from a dream place, because of the rose scent, the mist and the waltz tempo of the garders moving. It was something like I looked back far old days.
I would like to visit the place again, however, just like Shangri-la visiting, there seemes to be no second time. One of the garderner used to be a gardener for Mr Huq, the Sakura Mohila starter, and the both employer and the employee smiled to each other in trust. I never forget the gardener's smile then, which showed happiness of loyalties. Maybe it also belongs to the world of Shangri-la.

# by sakura_mohila | 2011-12-27 12:50 | Comments(0)  

冬の日差し

クリスマスを過ぎると日は、少しずつ力がましてきます。とてもクリスタルで、朝の日をみるのが楽しみな時になってきました。オフィスに向かう公園の池には、1cmくらいの氷が張って、鳥たちがその上を歩いていました。どうして1cmって分かるかというと、考えることは皆同じらしく、だれかが池の氷を割り、引き上げて、それがとけないまま、霜柱の上にそのまま横たわっているからです。

氷川神社の境内では、初詣の準備にいろいろな職人さんがきびきびと働いています。神社の職人さんたちの働き方は、江戸の頃を連想させるばかりでなく、動きの動作に無駄がなくて、物を作り上げてゆく人たちの美しさを見せています。厳寒の頃のあの無駄のない一挙手一動は心地よいシーンです。

バングラデシュで、植物園を訪ねました。1月で、かの地では、厳寒の時にあたります。と言っても、皆、セーターを羽織る程度で、現地の人たちは毛糸のベストを来ています。その植物園のバラ農園の場所に行きました。職人さんたちがばらの苗の世話をしています。空気がなにかかすんで見えて、その向こうに何十人もの人たちがルンギとシャツで、夢のようなテンポで、手入れをしています。目の前で作業がすすんでいるのに、てきぱきというよりは、霞の向こうで夢の世界が展開しているような印象でした。とても美しくて、何枚も写真をとりましたけれど、はたして、とても美しい写真ができて、気に入っています。あの植物園のばら園にもう一度いきたい、と思うけれど、シャングリラがまぼろしになってしまったように、いつも時間に追われてなかなか実現しないこともとても残念です。サクラモヒラのスターターのハクの知り合いの園芸職人の人がいて、彼がハクにみせてくれた忠誠心や笑顔も、印象に強く残っているけれど、これも私たちの立場では簡単に見ることができない、シャングリラの中のページかもしれません。 

# by sakura_mohila | 2011-12-27 12:13 | Comments(0)  

Merry Christmas!

I wish you Merry Christmas and happy night!

Our sales exhibition will finish at 5 o'clock in the evening. May the night be holy and silent!
Yet I have a mountain of home work when the night and the year 2011 are coming to the end. Forget, forget, forget! Then I just remembered a song I used to sing.
Row, row, row your boat
gently down the stream
Merrily, merrily, merrily, merrily life is but a dream

There are many "merrily", but don't you think it is a little bit sad?
"Life is but a dream"? The "merry" in this poem is very different from the christmas greeting, "Merry Christmas!"

# by sakura_mohila | 2011-12-24 10:30 | ENGLISH | Comments(0)  

薔薇水は完売です

販売会にて、
北川ローズガーデンの冬のばらから作った薔薇水、完売となりました。また次の企画がありますので、お楽しみに。

いつのまにか、クリスマスイヴを迎える頃になってしまいました。よいクリスマスをお迎えください。
クリスマスは、あまりしゃべらずに、静かに過ごそーっと!

# by sakura_mohila | 2011-12-24 10:23 | Comments(0)  

Olive trees

I have three pots of olive trees in different kinds along the office door. They are so adorable and I like to greet them every time I unlock the office door in the morning and lock it at night. The next door also enjoys them,just because they are natural green instead of the artifitial green plants. The living condition there is is not idealistic for them with the shortage of sun light and the cold air passing, but I wanted to place them along the door to greet my visitors. I bought the tree, first one, as a memory of my smooth landing on the place of Omiya. In addition, my nick name has been Olive, a BEAUTIFUL lover of Popai. The explanation to the sapling strung onto it read "For conceibing fruit, place a different kind beside it". I bought another at the shop, then I couls not give up another kind of Olive in the shop, that ended up as I have come to have three different types of olive saplings.
They never stop growing even in December and I cannot stop my attraction to see how much they have grown.
In the new office I would like to place olive trees as well, but it must be difficult. We have short staff and I have never seen "olive" in terms of it in Bangladesh. I might buy laurel, because the leaves are essentially used in their cooking.

I bought a roll of wool dyed from laurel leaves to knit a sweater for me. The green is so tender and beautiful. The dye artist, Ms Shichiji, has started her movement of knitting and teaching knetting, because she has a strong motivation to preserve the production spirits of the Japanese. Sakura Mohila shares the intention with her and we are planiing the cooparotive program over the knetting. In a few months I will open the news.

# by sakura_mohila | 2011-12-23 10:19 | Comments(0)  

オリーブの木

オフィスの、通路にオリーブの木を一鉢おきました。この場所に1年を迎えることができた記念でした。
苗に札がついていて、実を見るためには異種のオリーブを置くこと、とありましたので、それから1カ月以上も経て、もう一鉢買いに行きました。園芸店で、見ていたら、葉がとてもきれいで、結局、もう一鉢を追加して、合計3鉢の異種のオリーブがドアの横にならぶことになりました。こうしていつも物の数が増えていくのに、反省ばかり継続させています。でも、そのオリーブが、あまり日当たりがよくない通路においてあるにもかかわらず、すくすく伸びているのです。冬至が過ぎて日が延び始めると、もっとすくすく育つのだろう、と楽しみにしています。
ダッカのオフィスにも着地の記念として、オリーブを置きたいけれど、もうしばらくは無理かもしれません。それに、バングラデシュにはオリーブがあるのかしら?地元のお料理に欠かすことのできない、月桂樹の方がいいかもしれません。
月桂樹と言えば、今年、七字さんという染色と編み物の先生から、月桂樹で染めたモヘアの糸を買いました。七字先生は、消えゆく手仕事と日本の技術を復活させようと奮闘しておられる方で、サクラモヒラも、ご協力をいただきながら、新しいプログラムを計画しています。具体的になったら、ここにご披露しますから、ご協力ください。月桂樹のモヘア糸でセーターを編む予定ですが、私は編み針も持ったことがなく、1作目がセーターというのは、無謀にして膨大な野望です。でも七字先生がいてくだされば、大丈夫かもしれません。同じ野望の持ち主はご連絡を。

# by sakura_mohila | 2011-12-23 09:48 | Comments(0)  

Rose water, from Kitagawa rose garden petals

How wonderful to break this news! We have rose water from the winter roses by Kitagawa Rose Garden, finally.
Mr Kitagawa has been looking for a way to make use of his roses that go through the harsh winter of Japan. Japan's markats do not like garden roses, because they are cold wind bitten. Mr Kitagawa knows the value of his garden roses. They are cold air bitten and the petals are not tenderly beautiful, but they are noble in their looking and more fraglant. He has to live up his life and has been fambling the way he can do it through the roses. Some winter roses were sold out at Sakura Mohila's sales entrance and the rest were dried by him and handed to a herb instructor to make rose water.

I hope you could come for the rose water. 500ml with 2.5ml griserin ¥500
We have 20 samples of rose water. The roses were sold out and there would not be no more supply because of the cold weather.

Tommorow a concert will be hold at the sales venue from 2:00 to 4:00(¥2000)
Japanese winter songs will be focused. Reservation : 080-5046-1948

# by sakura_mohila | 2011-12-22 10:49 | ENGLISH | Comments(0)  

北川ローズ農園の冬薔薇の薔薇水

北川さんの露地栽培のばらのことは、過去のページでお話しました。
めぐりめぐったいきさつは省略して、そのばらの花弁からローズウォーターが製品になりました。ハーブの先生にご協力いただいて、できあがってきました。
試供品価格で、本日11時から販売いたします。20個あります。50ml容器に入り、化粧水のためにグリセリンが別容器で2.5mlついて、¥500です。化粧水を始め、お風呂に入れたり、お部屋にスプレイしたりと、自分をリラックスさせたり、優雅な気分にさせたりするばかりでなく、薔薇の強さも感じることができます。


考え直しましたけれど、冬のばら、冬の鳥、冬の水、冬の光・・・・寒い、寒いとマイナスに考えがちな冬も、丁寧にポジティブな要素をリストしてみると、なかなかよい季節ですね。暖かい食べ物、特別な人と過ごす時間毛糸の温もり、やっぱり冬も好きかな?
日が延び始める頃になって、鳥の腹や木の幹が、艶をもってくるのも、美しい自然の光景です。その頃になると、あたりの空気が紫のヒュームがかかるような気がするけれど、それはまぼろしでしょうか?

明日のコンサートのチケット、1枚だけ残っていますよ。(2:00~4:00/ その間ショップは閉店)

# by sakura_mohila | 2011-12-22 10:35 | Comments(0)