祭りの後

大宮・氷川神社の十日市が終わりました。
オフィスのある神社に続く道を、お掃除するという計画が入っていました。その通りは、第1日曜日の朝、8時から30分、通りの人たちでお掃除します。サッカーのオフィスやサッカー場に続く道でもあるので、そこに通ったり、通る学生さんたちもゴミ拾いに参加します。笑顔で、「おはようございます!」と言って。とても楽しい時です。
大宮公園のごみは、ほんとに山のようでした。からすも山のようでした。街のその通りも、いつもとはちがうごみが散乱していて、人出の大きさを語っていました。でも、8時になったら、住人の人たちが参加してお掃除が始まり、1時間後には元の住人の通りに戻っていました。
大宮公園を午後、また通りました。そしたら、なんとゴミの山だった公園が、やはりこぎれいにかたづけられて、ほぼ、いつもの公園に戻っていました。公園のあちこちでオレンジ色の制服を着たお掃除の人たちが働いていました。街のお掃除をする前には、そのような視点から見たことがなかったので、自分のまわりがなにか新しいことに囲まれたような気分になっています。
[PR]

# by sakura_mohila | 2011-12-11 19:09 | Comments(0)  

大宮の十日市

朝、雪の降り始めた大宮公園を通り、氷川神社の参道にきたら、雪の中で大勢の男性たちが、明日の十日市のために働いていました。雪がちらちら降りおちるにも関わらず、大方の男性たちは、頭にはなにもかぶらずにただ働いていました。ほんとに活気ある風景で、心が躍るようでした。
バングラデシュのダッカでリクシャ引きが、雨の中をひたすらこぎ進みます。頭には一応かぶりものをします。なんと野菜などを買ったときにいれてもらうビニールの袋を頭にかぶるのです。身体はなにも防御していないので、ずぶぬれ。頭がぬれないかといえば、かぶっているというだけで、結構ぬれています。顔もみずびたし。
客はと言えば、客席で道路のでこぼこにゆれながら、青いビニールシートをひたすら持って、少しでも水濡れを少なくしようとしています。
ほと、二つの光景を比較してしまいました。
[PR]

# by sakura_mohila | 2011-12-09 17:43 | Comments(0)  

国際生け花フェアでのバザー

昨日は東京プリンスホテルで国際生け花フェアのチャリティーバザーがありました。サクラモヒラもバングラデシュ大使館からお声をかけていただき、参加いたしました。今年はノルウェイが主催国で、ノルウェイの音楽がとても魅力的でした。
帰りの道で、東京駅までタクシーに乗ったのですが、イチョウの黄色がとても、とてもきれいでした。歴史の名残の街を見ながら、江戸時代のことなどがやたらと連想され、サムライがでてきそうに思いました。江戸や明治や大正の人たちが歴史の本ではなく、身近な人として感じられるのは、年齢のせいでしょうか?歴史の本の続きの中に今の生活がきちんとつながって見えてしまうのです。

サクラモヒラの会津綿のプロジェクト、バザーでは好評でした。お祭りの中で日本の手仕事に想いをはせていらっしゃる人たちがちゃんといることを認識できて、それも嬉しかったです。
[PR]

# by sakura_mohila | 2011-12-08 19:05 | Comments(0)  

Winter roses

Mr. Kitagawa, whom I met two years ago. He sold roses from his garden in the middle of December. I bought, telling him casually, "I love winter roses". He never forgots my words and we began to associate once a year since then. Now Mr Kitagawa wants to popularize winter roses, because they are very beautiful. The petals are larger, even though they are less in number. They smell sweeter than in other seasons. They look very noble against the winter cold air. Just because they survive the coldness of the winter, they look strong and beautiful.

However, the markets want house-grown roses just because of another cuteness.
Now I am beginning to think what I can do for the winter roses with Mr Kitagawa, which I am very happy and proud of.
[PR]

# by sakura_mohila | 2011-12-02 19:02 | ENGLISH | Comments(0)  

冬のばら

桶川に北川さんという方がばら園を経営しておられます。2年前、冬のばらを買った時、なんとなく、「冬のばらがだいすき」と言いましたら、北川さんがいつまでも覚えていてくださって、サクラモヒラと共同でなにかできないか、という話になりました。とりあえず、19日から大宮で始まる販売会には、冬のばらが並びます。

冬のばらは、花弁が浅い巻き方なのですが、その分大きな花になります。香りが高く、寒い風にさらされて、ノーブルな印象になります。冬のばらを、寒い冬の空気の中で見るのは、ほんとに美しいものに出会ったという印象です。

露地栽培のばらとなにができるのだろう、と一生懸命考え始めました。このような形でばらが自分の生活にかかわってくるなんて、ほんとに嬉しいことです。
[PR]

# by sakura_mohila | 2011-12-02 18:53 | Comments(0)