人気ブログランキング | 話題のタグを見る

夜明けの時間

夜明けの時間_f0202221_10142350.jpg
朝の仕事場から、白んで来る街を見るのが大好きです。喜びの一人の時間。食事作りや家事の雑事に追われることがない時間は, 日本での忙しい時があるから、ほんとに楽しく感じます。
ダッカでも、昨日あたりから冬が終わり始めた様子です。昨日街に出たら、早春を告げるオレンジ色の花が空に初めの一筆を描いていました。春先に来る鳥、せきれいのような白と黒の鳥が歌う美声も時々きこえてきました。
サクラモヒラの村の女性たちが帰ると、ほっと一息。自分の時間が持てるのです。
しかし、こちらでもいろいろなことが変わり始めています。同じことが続くような気がして、数か月毎にダッカのこの仕事場にくるのですが、実は社会の流れの中で同じことが続くことはないのだ、と実感します。
社会の変化にどのように対処したらいいのか…自分はもう人任せではいられない責任を負っています。できてもできなくても…
ナラヤンプール村でオープンしたSakura Shopは、まずは順調に滑り出しているようです。カジョルレカさんが、"I am happy" と何度も言っていました。
その傍らで、メンバーの中には、不幸に愛された女性もいて、彼女は村で写した写真の中で、活気のない顔をしていました。
移り変わりは必ずあるものと意識して、対処を常に考えていなければならないのだ、と、新たに思いました。
仕事先にしても、自分の仕事を頼むためには、その仕事先が栄えていなければ不可能だから、少し背伸びして発注もするし、その他の協力もできる限りしてきます。
棚や引き出しにたまった使わない物を整理していたら、風呂敷包の中に一枚のジャケットがでてきました。
すでに故人となった妹は、舞台衣装を作っていました。当初は彼女のデザイン、パターンをバングラデシュで指導してもらっていました。彼女がその製作を計画して、試作してあった一枚です。「このような服を作りたかったんだろうな」という空気があって、その服を厚手のカディで、パンツとともに作ることにして、昨夜テイラーに預けました。シンプルですが、着やすいジャケットです。
経営する人は、従業員のためにお金を作る…簡単な言葉だけれど、難しく、ハードルの高い仕事です。
私は、このような簡単なことがわかっていなかったし、できてもいなかったのです。仕事場の古いものを整理するにつけ、心が痛みます。
でも、そんなことを繰り返してきたのだから、もう少し先に進んで、皆の労をねぎらいたい気持ちになっています。


by sakura_mohila | 2024-02-11 11:18 | Comments(0)  

<< 偶然 Dhakaの研修が終わりました >>