人気ブログランキング | 話題のタグを見る

習慣

習慣_f0202221_16233393.jpg
天気予報に反して晴れ間があるではないか。
庭仕事もしたけれど、香文木さんの染場で、カディのスカートやドレスの藍染めをしてきた(作業はスタッフです)
段染めで、なかなかおしゃれに染まりました。
来週に売り出します。
染めを教えてくださる先生も若返り、作業にあたるサクラモヒラのスタッフも若返りました。これはなかなかいいことです。こんなふうに、移行していくのだろうか、とおぼろげな姿を描いています。
省みれば、サクラモヒラも、村の小学校の話を始めてから、もうすぐ30年になろうとしています。そろそろ変わっても当たり前という年月が過ぎたのでしょうか。
始めたばかりの頃、あるバングラデシュの婦人と知り合いになりました。ダッカに行くたびの彼女のお店に立ち寄っては、当時ダッカでさえもめずらしいコーフィーをいただきながら、いろいろな話をしました。彼女は英国人と結婚しておられて、英国の文化の中で生きる人でした。
安い染料が我が物顔に入り込んで、伝統としてあった自然染料の文化を破壊してしまったり、手仕事の質が悪くなることも嘆いて、植物の染めを復活させたり、ジャムダニのモチーフパターンを復元したりと、祖国の失われた文化の復興に尽くしていました。
ある時、彼女が嘆きました。「手織りの職人が来て、店員たちは忙しいので、ほったらかしのまま半日もただ待っている。その間、作業をしたらば、ずっと能率があがるのに。しかも職人さんが、待たされていることに何も言わずにただ待っているだけだ。」
どれだけこの状況が改善されたのだろうか。
サクラモヒラでも、そのような問題に悩まされる。こちらは日本人だから、やたら待たせることなどはしないけれど、相手方はそのやり方に馴染みがない。
社会の変化に対応できずに、現実の問題として賃金をあげてもらいたい、ということだけが前面に出てくるのだ。
間に立つシラーズさんは、手を焼いているのだ。


by sakura_mohila | 2022-05-12 17:30 | Comments(0)  

<< 阿部仲麻呂 ばら >>