人気ブログランキング | 話題のタグを見る

国境

国境_f0202221_11393385.jpg
暑い日に、ばらが咲ききってしまった。それで今朝は咲ききったばらを切り取った。切り取っていても、そのばらを捨ててしまっても、ばらの香りがしてくる。なんと優雅な香りがするのだろうか。品種は「オフィーリア」。
庭の世話をしていると、みつばちが飛んでくる。そのようなみつばちを見ていると、野ばらが欲しくなる。「小川未明」の「のばら」をまた読みたくなった。国境を護る兵士の話だ。
住んでいる街の線路沿いに野ばらが咲いている。だれが手入れをしているのだろうか。今を花盛りに白い花が咲き乱れている。枝を切って、挿し木にしたら根付くだろうか。
国境のガードは責任が重い。だから銃にすぐ手が届くように構えている。
バングラデシュで、日本からの訪問客を案内して、インドとの国境の村落を歩いたことがあった。その国境は有刺鉄線がめぐらされて、さらに緩衝地帯があった。どことなく田園モードで、平和な雰囲気のする国境線だった。10人くらいの女性たちが頭に薪を載せて歩いてきた。彼女たちは恵まれない女性たちで、バングラデシュに薪を売りに入ってくることが許可されているそうだ。どんな所で薪を売るのだろうか?
その国境沿いの村は、木の中にあり、緑豊かな場所であった。ナンを焼くらめの竈もしつらえてあった。鶏が自由に走り回っていた。有刺鉄線の国境が見えている。
シレットというお茶の産地に行った時も国境線に接した。そこはガードのブースがあって、ガードはきりきりとブースの中にいた。
お茶の産地として、多くの人たちが訪れるので、中には「コラッ!」という輩もいるのかもしれない。
日本にいると、国境は海だから、国境のあれやこれやは、エキゾチックなできごとだ。
空を飛べる鳥たちは、自由に国境を超えるであろうが、鶏や孔雀は、ひきさがってしまうのだろうかなあ?



by sakura_mohila | 2022-05-06 12:07 | Comments(0)  

<< 線路沿いの路肩 電話 >>