人気ブログランキング |

ナラヤンプール村:サクラモヒラの女性たち5

Vientという杜の中のカフェ&ギャラリーで展示会をしていましたが、今日は最終日です。
芽吹き始めた木々が、美しく、蓮田の駅からケンチャンバスに乗るのが楽しみでした。ランチのそば粉のガレットにたっぷりと添えられた隣接する畑からの野菜がとてもおいしいです。
集まってくださる方たちとのおしゃべりも楽しみです。ここは、だれもマスクをしてきません。シンガポール政府が「健康な人はマスクをしないように」とお達しをだしたとのことですが、コロナに萎縮する日本の生活を見ると、ここはまさに普通です。そしてイベントなどの自粛もなにもありません。おいしいコーヒーとガレット、と楽しいコミュニュケイションを楽しんでいます。

このような場所にマスクをせずにおいでになる方たちは、サクラモヒラの村の女性たちの手仕事を好む、という傾向にあるように感じてなりません。小さな事柄がいろいろな話題に発展し、皆さん、まだ見たこともないバングラデシュの女性たちの生活を楽しそうに想像してくださっています。その中でサクラモヒラの村の女性たちの評価は結構高く、私は嬉しい気持ちを感じています。

彼女たちとのかかわりは長い年月に至っていますが、彼女たちは自分をどのように評価しているのか。日本人と関わり始めて、何が変化したのか、自分の将来をどのように描いているのか、聴いてみたいです。自分のベンガル語のレベルはなかなか上がりませんが、最近「ポケトーク」というインターネットの翻訳機を知りました。少しジョークもあるけれど、なかなか雄弁に訳してくれます。今度はそれを買って、媒体にしながら、このような話を進めたいです。

しかしながら、コロナの影響で、国外に出るのも、外国人が入ってくrのも、用意ではありません。

by sakura_mohila | 2020-03-16 09:55 | Comments(0)  

<< 香文木の庭で ナラヤンプール村:サクラモヒラ... >>