人気ブログランキング |

借金

屋上の庭に移したシンビジュームが、クリーム色の花芽を伸ばして、毎年健気に咲いている。なにも手入れなどしないのに。こんな時心がちくちくするのだけれど、つい忘れてしまうのだ。
水にいれておいたせりの根も、金柑の種も芽を出している。寒くても、春がきたのだ。繰り返し、繰り返し言っているけれど、2月の陽光がほんとに好きだ。だれでも好きに違いないけれど、前世は植物ではなかったのではないだろうか、と信じるほどに2月の陽光が大好きだ。南国の人にこの気持ちは通じるのだろうか?

あるバングラデシュ人が借金をしてきた。4年近く前になる。2ヶ月で返ってくるはずが、半分だけ返って、後の半分は4年目を迎える。時々、「ご迷惑をおかけしました。○月末に返します」という連絡がある。やれやれ、とほっとしていると、期限がくるのだが、すると忘れたように連絡が途絶える。彼の兄弟姉妹はエリートで私は全員と知り合いだから、兄弟姉妹に知れたら、やくざ用語を使ってもよければ、「ヤバイ!」と思っているようにみえるのだ。
別の家族と親しくしていたら、そこからも借金の申し込みがあった。返ってはきたけれど、ひんぱんに財布がわりのように借金の申し込みがくるので、ある時、「ノー」と言ったら、人間関係が悪くなり、相手はあいさつさえもしなくなった。金額は8万円。「貸して欲しい」と言われて、ほいほい貸す額ではないし、それは私の好意であって、責務ではないのだぞ!ともに、近所に住む同国人からは借りないのだ。

前者の輩は、2月20日に返してくれるそうだ。期限を1月末から延長したばかりだけれど・・・
子どもさんが病気で、数年前に日本で手術をし、病院がよいために、彼の家族は日本に住みたいのだ。

しかし、なにゆえ、私にこのような役割が回ってくるのだろうか。



by sakura_mohila | 2020-02-10 16:13 | Comments(0)  

日々 >>