人気ブログランキング |

春の色

春の色_f0202221_04465833.jpg
春の色_f0202221_04460917.jpg
春の色_f0202221_04451994.jpg
陽光が明るい。春を生きる陽光はこんなにもパワーがあるのだ、と部屋に差し込む日差しを見ながら、それだけで力が湧いてくるような気持ちになる。心のとげとげもこれではきえてしまうよ!
そろそろ咲いたかな、と思って、休日の火曜日、散歩の足を伸ばしてみたら、案の定さいていました。水仙。
写真に撮ったら、まわりの空気が、毅然とした色になっていて、寒いけれどこの時の空気の色がほんとに好きで、好きでたまりません。
この頃、樹木が水を吸い上げる音が聞こえる、と聞いたことがあり、聞いてみたくて、聞いてみたくて、耳を澄ますのだけれど、一向に聞くことがないまま、何年も過ぎていました。幹に耳を当てて聞くのですって!よし、来週の早朝!
しかし私がいるのは、何年も生きてきた木々の中なのだから、そのまま、「ザワッ、ザワッ」という音がきいてみたい!
それにつけても、冬の色のなんと美しいことだろうか。お池に白い鳥が浮いていた。よく見る水鳥とは違うようだが、なんという鳥だろう。
ふと、Gallery Sakura Mohilaのことに関して、いろいろなアイディアがまわり始め、今日は2時から起きだしてしまった。布や染やプリントなど、図らずも自分の人生に入ってきたものだけれど、それらに関しての本をちびりちびりと読んでいくなかで、いろいろな興味がわいてくる。
20年以上も、関わってきたナラヤンプール村の人たち。初めは違う目的で関わることになったのだけれど、今やたくさんのことをしてくれる人たちに変っている。だからこそ、いろいろなアイディアが自分の中に巡るようになったのではないだろうか。
考えてみたら、段階を踏んだのだ。次のステップに向かって。足を見つけた赤ん坊のようにね。
さて、「パワハラ」なんかしてる場合か!と自分に「カツ!」を皆を働かせなくてはならないね。

アイディアは、Gallery Sakura Mohilaにて、形にします。老骨にムチなんかいくつでも打って、やります。ムチのあとではなく、美しく咲くSAKURA MOHILAのGallery Workを見に来てくださいね。

by sakura_mohila | 2020-01-08 04:47 | Comments(0)  

<< 夢 2020年の初営業にあたって >>