人気ブログランキング |

今朝も雨だ!
冬支度が、具体的に進むようになってきた。
「途上国マーケット」の会場は、キルギスやネパールの暖かそうなものあり、アフリカやアジアの気候に似合うものあり、と冬支度のことなど忘れてしまうのだけれど、一つ気がついたことがあった。
どの国にも藍の染めがあり、国によって少しずつ藍色のニュアンスが違っている。
しかし、皆、藍染めの製品を持っているのだ。
日本人だから、藍を好み、たまたま藍の製品が集まったのだろうか?
ラフカディオ・ハーンが日本に赴任してきた時、江戸の街を見て、どこを見ても藍の色だが、とてもきれいだ」と言ったそうだ。彼が見た藍の街にはどのような藍の生活があったのだろうか?

そのようなことを考えながら、あちこちの国の藍の色を見ていると、歴史のページがどんどんまして、とても楽しい。


by sakura_mohila | 2019-11-23 11:35 | Comments(0)  

<< アフリカ 途上国のマーケット >>