人気ブログランキング |

インディアンサマーによせて

朝、6時過ぎに散歩に出たら、寒かった。防寒着を着ていたけれど、腕を振って早足で歩いたら、手袋がなくても気にならなくなった。
いつものお寺さんも、近頃は門が開いていなかったり、ホールの電気が消えていたり、と夏の全開のモードがなくなっている。お堂の階段を駆け上ったら、中から音楽が聞こえてきた。いつも聞こえてくるのだけれど、今朝の音楽は耳と心に残るメロディである。
果てしなく広がる平原に吹く風の流れでもあるように聞こえてくる。
バウルというのはバングラデシュの吟遊詩人だが、その人たちを連想した。
私がバングラデシュに関わって、今や28年目だけれど、初めの頃、それとは知らずにバウルの人たちに行き逢っていたような気がする。当時は何も知らないままに、これがバングラデシュか、とさして深く考えずにきたけれど、バウルのことを知って以来、思い当たることがあるのだ。無念かな!そのような類の人たちは社会から遠ざかり、簡単に行き会うことができなくなった。物質文化が進んでいるバングラデシュである。
グルシャンという、郊外の高級住宅街の小さな公園で会った笛売りのお兄さんにもう一度行き会いたい。大きな笛、小さな笛を担いで、演奏しながら笛を売っていたけれど、買う人もほとんどおらず、笛の音色が街を埋めていた。
しかしその公園でさえ、池が埋められて、木が払われ、ビルの土地に貸してしまったのだ。
お兄さんがマンゴウの林を背に吹いてくれたのは、直径が10cm、長さが1mもありそうなアジア竹の笛であった。あのメロディ!
澄んだ音が流れていたけれど、まさに自然の風が流れている場所が似合っていたのだ。
朝の散歩で訪れる「釈迦堂」のお釈迦様は、長い棒を持って、戦う様相をしている。穏やかというよりは、まっすぐに前を見て、命の目的を達成させようとしている、というように見える。
そして、あの、名も知らない、草原を渡る風のメロディは、甘さがなくて、とてもよく似合う。

by sakura_mohila | 2019-11-17 13:04 | Comments(0)  

<< 修理 気がつくこと >>