人気ブログランキング |

タゴール

風が秋らしくなってきました。
昨日からギャラリ-の展示がかわりました。ジョソール地方のノクシカンタが展示されています。
見ごたえのあるものばかり。特に推定100年以上前に作られたとされるカンタは、圧巻です。ベんガラの赤にも惹かれます。
見ていると、歌が聞こえてきそうです。
なんとなく思い出して、バウルの歌をインターネットで追っていました。タゴールの「黄金のベンガル」はバングラデシュの国歌になっていますが、もとをただせば、郵便配達員で、バウルと呼ばれる芸能者が歌っていたメロディに歌詞を乗せたものだそうです。バウルに関しては、メロディや生活のスタイルなど、好奇心をそそられることがおおかったので、こんなに簡単にバウルの歌に接触できたことが不思議でした。
それにしても、バングラの地や母への礼賛の言葉がドラマティックで、バングラ人はやはり感情の巾がひろいのではなかろうか、と思ってしまいました。
2度目にバングラデシュを訪れた時、ピクニックに誘っていただきました。行った先は、今、カディを織ってもらっている場所のすぐ近くです。ある知らない家から招かれて、一緒に写真を撮ったのですが、その時写真用に笑っても、笑っても、笑いが不足していて、不満が頂点に達したその家の人たちがリズムに乗って、「コチョ、コチョ、コチョ、コチョ♪」と私をくすぐり始めました。
5分後には、笑ったまま、その家から逃げ出しちゃったよ!
それにしても、知らない人の家に行って、良くぞくつろいできたもんだ。今ではできない感じがする。バングラデシュにもそれなりの、「古きよき時」があったのだ。時々、その場所のあたりに行って、その家をもう一度見たいと思うけれど、もう探しようがなく、見つからない。

by sakura_mohila | 2019-08-26 15:09 | Comments(0)  

<< ルイ14世の話 鉛筆 >>