人気ブログランキング |

ポジャギのワークショップ

毎月第1日曜日の8時は、町内会のお掃除の日です。
少々、忙しい思いをしますが、楽しみに活動しています。町内の人が顔を合わせて、通りをなんだかんだと言いながら、きれいにしていく作業は、楽しくもありますし、なによりも皆で顔を合わせるのも好きな時間です。
今回は雑草もかなり伸び放題になっていて、草取りに重点をおきました。
1日、2日は大宮の夏祭りで、お神輿をかついだ人たちも多く、肩や足を痛そうにしての参加でした。

ポジャギの教室、2日間が無事終了しました。参加者の方たちは、おしゃべりも忘れて、針仕事に集中しておられました。
それにしても、繊細なポジャギの針仕事、お話を伺っていても、作品を見ても、ほんとに感動します。
その昔、チマチョゴリをお土産にいただいて、しばらく持っていましたが、使うこともなく、エイヤッとばかりに処分しました。振り返ると、ほんとにばかなことをしたものだ、と反省することしきりです。

それにしても、その土地、その土地に育った文化は、なんとすばらしいのでしょうか。いつもそれが分かる教養の高さを持っていたいものだ、と後悔することしきりです。
韓国には二度いきました。金浦空港が開港になったばかりの昔でした。その頃はポジャギもなにも知りませんでしたが、家々の前庭にならぶキムチの瓶や、広場に大勢が集まって、白い服を着たおじいさんたちがキセルをくゆらせている姿を今でもはっきりと覚えています。

友人が畑から収穫した緑色の若い唐辛子を陽の中に置いておいたら、真っ赤に、キムチレッドに変わっています。

by sakura_mohila | 2019-08-04 15:14 | Comments(0)  

<< 夏休み 江戸の生活 >>