人気ブログランキング |

プロの仕事

八百屋から普通に買ったブドウを小分けにしようとして、はさみを持つ手がとまってしまったよ。
小さなブドウの一房のどこを見ても、実がびっしりと盛り上がって、茎は上にしかでておらず、はさみの先端さえも入る余地を残していない。びっしり!
家庭の庭に育ったブドウは、一生懸命に育てるけれど、茎も実もほどほどのゆとりの距離を持って実っている。考えなくても、はさみは簡単に入る場所を見つけ、小分けにできてしまうのだ。
つらつらと、考えるに、野菜も果物も、それで生活をしようとしている人たちは半端ではない質の農作物を生産しているのだ。

こんなことに気が付くと、八百屋さんの店先に並ぶ野菜や果物がいろいろなことを語りかけてくる。

1)まず生産者が高い基準を目標とすること
2)それに向かって、ひたすら汗をながすこと

自然災害があるかもしれない。価格が暴落することがあるかもしれない。突然山から猿がくるかもしれない。
しかし、それらは起こってから対処。まずは汗を流して取り組むしかない。

なにかとてもおもしろい物語を読んでいるようだ。


by sakura_mohila | 2019-07-18 10:06 | Comments(0)  

<< 靴 サイモン&ガーファンクル >>