人気ブログランキング |

樫野先生の人間学講座7月

第2土曜日の10時半からは、Gallery Sakura Mohilaのテーブルを囲んで、樫野先生による人間学講座の時間です。
いつものことながら、話は盛り上がり、終わりは12時を過ぎて、強制終了でした。
なにで盛り上がったか?今日は「偉人・聖人の生き方に学ぶ」の3回目、道元のことを学びました。彼は1200年から1253年まで、生きた人でしたが、彼の宇宙観が興味のまとだったのです。若くして大陸に渡り、その体験から、彼はすでに地球は丸いということを知覚し、生命あるものが宇宙の中にあって、地球で過ごす一時のことも感じ取っていたようです。
樫野先生のテキストによると、「天地同根、万物一体」。
魂は肉体を離れても死ぬことはない」だから「5歳で死んでも70歳で死んでも同じこと。その時、その時を大切に生きるべし」という、宇宙的な
見解を唱えたのです。

出席者は、このことに関しても、いろいろな見解や疑問をもち、テーブルを囲む言葉のやり取りが終わらなかったということです。

論語より、「鬼神を敬い、之を遠くにするは、知と言うべし」で締めました。

毎回、豊かな時間が流れています。
ご興味がおありの方は、サクラモヒラへご連絡をお願いします。
毎月第2土曜日、10時半からです。参加費は2000円。お茶付です。

by sakura_mohila | 2019-07-13 14:40 | Comments(0)  

<< 組織すること 心の声 >>