スタートをしようとする時

久々に遠出をしたら空気が身を切るようにつきささり、寒かったけれど、こんな時の方が妙に清々しく感じられたりする。電車が遅れたり、5分遅れた、18分遅れたというアナウンスがその空気とはほんとにマッチしなかったりするものだ。
なんとサクラモヒラの村の女性たちのリーダー、カジョルレカさんからメッセンジャーにメールが入っていた。”How are you???" これだけの簡単なメールであるのは、彼女の英語力がこれでせいいっぱいのためだろう。だが、行間は読み取れる。10月に彼女たちと仕事をした時、1月頃に来るからね、と言ってきたのだ。村の女性たちのリーダーの一人、ファテマには12月に赤ちゃんが生まれたはずである。そのことをメッセンジャーで何人かに問い合わせたのだが、答えは"Thank you"である。だからほんとのことはわからない。でも行間が伝えることがある。
ファテマが、12月に出産して、1月末か2月なら、ダッカに来たい、と言っていた。えええええぇぇ!!! あのがたがた道をバスに揺られて、6時間の道をダッカまで!とこちらは思うけれど、村の女性たちはなんとも思っていない。ただし、「赤ん坊を連れてきてもよいか」と付け加えた。皆、ほんとにたくましい。自然に任せて出産をして自然に任せて子育てをしている。そして子どもをよくかわいがるけれど、過保護というのでもない。子どもの成長を楽しんでいる。
仕事を出したり、教えたり、いろいろなことを村の女性たちとしてくるのだけれど、彼女たちはどうでもいいようなことには頓着していない。それが日本側とのぎくしゃくになることもあるけれど、時々、彼女たちと会いたくもなる理由のような気がする。
文化の違いは、こちらにもさまざまなプレッシャーを与え、嫌いになって、好きになって、ということを長い年月の間にはなんども繰り返した。その長い関係が育ててくれたことは、どちらの」側にとっても大きい。
まるで日本人でもなく、まるでバングラデシュ人でもない、この感覚は時々好きだと思うときができてきた。

by sakura_mohila | 2019-01-18 17:20 | Comments(0)  

<< Reading between... A nostalgic mee... >>