師走かな

久々に昔懐かしい体験をして、サクラモヒラを始めたばかりの頃を懐かしく思い出した。
あるコーヒー豆やさんが、開店20周年を記念して、記念品のふきんを注文してくださった。それはかなり前から、お話をいただいていて、間に合うはずであった。
相手方は、デザイナーさんに頼んでデザインを決め、すべての寸法もミリの単位で計算して、注文してきた。
その図柄を見た時、漠然とだが、少し不安になった。一般的に売られているような、印刷機でプリントしたようなデザインである。しかし、実際にブロックプリントとしてほってもらうと、細かい模様をきちんとだすために、版木が指定よりも大きくなってしまった。しかしせれいに彫ってある。1枚の布の大きさもミリ単位でしていされており、先に布をカットしたので、版木の模様は全部をいれることができずに、最悪の例として、オーダー様のお名前が入っていたり、いなかったり・・・。そこで、時間を気にしながらのやり直しとあいなった。こんどは、バングラデシュの職人さんたちも、たかがかんたんな押しなのに、布の端は難ミリ空けるのか、とか真ん中の空きは狭くなるとか・・・神経質に夜中に何度も電話してくる。その結果、やっとのことで、布を大きくして治めたのだが・・・あろうことか、ちょうど年末に入り、日本の税関で信じられない時間を費やす羽目になった。しかし、なんとか12月1日の朝に配達できたのだ。
その間、郵便局などにいっぱい電話を掛け捲り、相手を苛立たせて・・・
結果は不満足であった。大きさが違う。色が違う・・・せっかくデザイナーさんを頼んだのに・・・
しかし間に合わせるように届けるだけで、こちらはEMSの追跡サービスと苛立ち電話をしまくって、へとへとだったのだ・・・そして始めた当初はこんなことが当たり前にあったのだ。

[PR]

by sakura_mohila | 2018-12-01 13:46 | Comments(0)  

<< 朝の通りの清掃 バウルの歌を探しに >>